JA北蒲みなみ

文字の大きさ
拡大
標準

北蒲みなみについて

組合長よりごあいさつ

JA北蒲みなみのホームページにアクセス頂き、誠にありがとうございます。
新型コロナウイルスによる感染が終息する気配が見えず、事業推進にも多大な影響が出ている中で、JAが直面する3つの危機、「農業・農村の危機」、「組織・事業・経営の危機」、「協同組合の危機」を認識しながらJAの自己改革の基本目標である「農業者の所得増大」、「農業生産の拡大」、「地域の活性化」の実現に向けて取り組んでまいります。               

その一つとして、当JAの主力でありますコシヒカリ(白鳥の舞)をはじめ、栽培管理を徹底した安全で安心な美味しいお米の生産と有利販売に努めてまいります。
更には、園芸の振興に努め「農業所得の増大」と「農業生産の拡大」に貢献してまいります。

「地域の活性化」につきましては、当JAのマスコットキャラクター『ハクマイちゃん』を活用し、JA事業のPRを行うとともに、地域イベントへの参加はもちろん、JA独自のイベントを展開していきながら地域との交流を図り、組合員・利用者との絆を深めてまいります。更に、地域の将来を担う子供たちへの食農教育活動を通じて、未来の明るい農業に貢献する取り組みを行って参ります。

今後も、農業と生活を守る協同組合として、地域の皆様に愛され・信頼されるJAを目指して、役職員一同が一致団結して事業運営に努めてまいりますので、ご指導・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

                                  代表理事組合長 佐 藤 秀 幸

北蒲みなみとは

JA北蒲みなみは、新潟県の北東部に位置する阿賀野市にあります。
阿賀野市は2町2村(安田町・京ヶ瀬村・水原町・笹神村)が合併し平成16年4月1日に誕生しました。
そのうちの「水原」「京ヶ瀬」「安田」の3つのエリアから構成されるのがJA北蒲みなみです。

管内は、越後山脈の雪解け水と、一級河川である阿賀野川を水源とし、阿賀野川から五頭連峰までの広大な新潟平野に囲まれた自然に豊かな地域です。多くの農家が水稲中心の単一経営を行なっています。

県内屈指の登山者数を誇る五頭山(ごずさん)や白鳥の渡来地としても有名な瓢湖(ひょうこ)、五頭温泉郷など、観光も盛んな地域です。

主な支店の場所はこちらからご覧ください

組織の概要

令和2年4月18日現在

名称 北蒲みなみ農業協同組合
代表理事組合長 佐藤 秀幸
設立 平成13年(2001年)2月1日
本店所在地

〒959-2063
新潟県阿賀野市土橋297番地
TEL:0250-62-1000
FAX:0250-62-7428

組合員数 4,443人(正組合員2,642人、准組合員1,801人)
職員数 153人(南部・予冷センター含)
子会社 有限会社 水原公益社

経営理念

「組合員・社会への貢献と豊かな地域社会の創造」

経営ビジョン

  • 将来にわたる発展が展望できる地域農業づくり
  • 組合員・利用者の期待に応え競争力のある事業の展開
  • 事業・活動を支える万全な経営体制の確立
  • 組織・事業基盤の強化と地域社会への貢献

経営方針

PAGE TOP